オリンピック

スポーツクライミングとは?ルールや日程、日本代表選手も!東京オリンピック

スポーツクライミング ルール 

東京オリンピック2020が開催されていますが、今大会から新種目として
新たに加わった競技があります。

それは、【スポーツクライミング】です!

実は日本人選手が国際大会で目立った活躍をしているため、
メダルの期待が非常に高いのです^^

そんなスポーツクライミング、初めて聞いた方も多いと思いますので
ルールや見どころ、また日本代表の出場選手を紹介していきます!

 

スポンサードリンク

スポーツクライミングとは?簡単にルールも解説!

絶壁や難しい崖を登るようなイメージがあるかと思いますが、

以下の3つの複合競技として争われます!

・スピード

・ボルダリング

・リード

3つの競技ごとに点数を出し、その合計得点を掛け合わせて順位が決まります!

但し、ここで注意するのが
「ポイント数が低い人が上位」になるので、ここだけ要注意ですね!

例)
スピード:1位 × ボルダリング:3位 × リード:1位 = 3ポイント

ややこしいですからね!ここはしっかり確認していきましょう!!!

 

スポーツクライミング・スピード

 

スピードとは、ホールド(石)や壁の角度(5度)、位置や数までもが決まっており、
世界共通となっております。

壁の高さは高さは15メートル!

2人で対戦し、トーナメント方式で勝ち上がっていくスタイルです!
対戦して勝った人が次に進める、といったシンプルなルールですの覚えやすいですね!

 

 

スポーツクライミング・ボルダリング

 

ボルダリングは大会ごとにコースが異なります!
なので、初めて見るようなものが出てくるので瞬時に判断する力が必要になります。

5M以下の壁を登る競技です!

但し、オブザベーションタイム=下見する時間が設けられているので、初見ではないということですね!(対戦相手と同じ時間で見ます)

制限時間内で何度もチャレンジしてOK.
T:トップ(ゴール)と、Z:ゾーンと呼ばれる中継地点の数の合計で争われます!

3コースありますので、最大値は3T3Z(3トップ・3ゾーン)となります。

同数で並んだ場合は、アテンプト(=トライした回数のこと)が少ない方が上位へ勝ち進むことができます。

ここがボルダリングの面白いところで、公平性を保つために
他の人のトライ数は見ることができないんです!!!心理戦のようなものですね(^^;

スピードとは違ってタイムはあまり関係ない、といった感じです。

 

 

スポーツクライミング・リード

 

こちらもボルダリングと一緒にはなりますが、大会ごとにコースが変更になります。
なので、初めて見るようなものが出てくるので瞬時に判断する力が必要になります。

高い壁をロープで安全を確認(確保)しながら登る競技となります。
これをし忘れたり、誤ったかけ方をすると、その時点で失格になります。

一番上まで登れるのが理想ですが、勝敗は登れた手数決まります!

スピードとボルダリングの違いは、チャレンジが1回だけしかないということ。
あとは、+表記があります。(おそらく今大会ではあるだろうと言われております)

これは、
25手目で登れた方は「25」と表記されますが、
25手目で登れて、26手目にチャレンジして落ちてしまった場合は「25+」となります。

タイムは早いほうが良いですが、上記の内容を加味するので非常に頭を使いますね!

 

ここまでが大まかなルールの流れでした!!
分かりにくい言葉は後程、修正・追記していきますね^^

スポンサードリンク

スポーツクライミングの日程は?

8月3日(火) 男子予選

17:00~ スポーツクライミング男子複合予選 スピード
18:00~ スポーツクライミング男子複合予選 ボルダリング
21:10~ スポーツクライミング男子複合予選 リード

8月4日(水) 女子予選

17:00~ スポーツクライミング女子複合予選 スピード
18:00~ スポーツクライミング女子複合予選 ボルダリング
21:10~ スポーツクライミング女子複合予選 リード

8月5日(木) 男子決勝

17:30~ スポーツクライミング男子複合決勝 スピード
18:30~ スポーツクライミング男子複合決勝 ボルダリング
21:10~ スポーツクライミング男子複合決勝 リード

 

8月6日(金) 女子決勝

17:30~ スポーツクライミング女子複合決勝 スピード
18:30~ スポーツクライミング女子複合決勝 ボルダリング
21:10~ スポーツクライミング女子複合決勝 リード

 

日本の出場選手はこちらから!

野口 啓代(のぐち あきよ)

2008年ワールドカップ・ボルダリングで日本人初優勝!
これまでに4回の総合優勝、2018年・19年は2位の実績をもつ金メダル候補。
ボルダリング・ジャパンカップでは9連覇を含む11回の優勝を誇る。

原田 海(はらだ かい)

小学校5年生から競技を始め、小さいころから才能を開花させる。
ご自身のYouTubeチャンネルでは競技の魅力を思う存分伝えるため、創意工夫をこなす努力家。2018年世界選手権・ボルダリング金メダル。

楢崎 智亜(ならざき ともあ)

体操競技を行っていた影響で、身体のばねを活かした動きが得意!
2016年世界選手権ボルダリングで日本選手として初めての優勝を経験。
「トモアステップ」(一段飛ばして登る技)を駆使して頂点を目指す。

野中 生萌(のなか みほう)

2018年世界選手権で初のボルダリング総合優勝を経験。
バレエや体操で培ったしなやかさ、身体の柔らかさで大胆な動きを得意とする若きプレーヤー。負けん気の強さでここ一番の勝負に挑む。

スポンサードリンク

スポーツクライミング代表選手が日本から世界へ

ついに新種目・スポーツクライミングが始まります!

先日のスケートボードでは日本代表選手が非常に素晴らしい成績を残してくれましたね^^

 

次はスポーツクライミングの番です。
ここで更に日本を盛り上げてくれるような活躍に、期待の声も高まります♪

メダルラッシュとなれば、日本中のボルダリングジムも盛り上がりそうですね!!