オリンピック

スケートボードが面白い!瀬尻稜の解説がTwitterで話題!オリンピック

スケートボード 瀬尻稜 解説

 

7月25日、オリンピックでは新種目となる【スケートーボード】

日本人選手の堀米雄斗選手が金メダルを獲得し、
世界初のスケートボードの金メダリストに輝きました!!!

NHKのテレビ放送で中継されていましたが、なんだか解説の人が面白い!と話題に。

【瀬尻稜のオリンピック競技の解説が話題に!?新種目スケートボード!】

と題して調べてみましたのでご覧ください^^

 

スポンサードリンク

解説をしていたのは瀬尻稜(せじりりょう)さん

名前:瀬尻稜(せじり りょう)

生年月日:1996年12月11日 24歳 (2021年7月現在)

身長:177㎝

体重:69㎏

職業:プロスケートボード

 

丁寧なアナウンサーとの対比が非常に面白かった!

(特に、スケボーの技はいくつくらいあるんですか!?と聞かれたときの、「無限っすね!」はウケました。笑)

ただ、この言葉も本質を突くような発言で、
「誰もやらないオリジナルを生み出すこと」が技のレパートリーを増やし続けられる要因だとして、意外と核心を突く重い一言だったと思います。

 

瀬尻稜さんは24歳のプロスケートボード選手で、

「超やべー!」「はんぱねー!」「鬼早いっ!!」など今時な言葉を使いつつ、
プレーヤー目線での視点を心置きなく解説してくれました^^

新競技なだけに難しい言葉が多かったのですが、非常に分かりやすい解説が
視聴者の心に響いたと思います。

 

瀬尻さんは5歳から競技をはじめ、初めて出場したのは7歳の時。

 

「スケボーに携わり、スケボーはカルチャーであり自由だということ。」

そういった側面も伝えていきたいという瀬尻稜さん。

競技歴が長いだけに、予選6位からの
堀米雄斗選手の日本人選手金メダル獲得にも感慨深い様子でした!

スポンサードリンク

瀬尻稜のフランクな解説が一躍話題に

瀬尻稜の解説言葉はこちら!

・「ビタビタにハマっている!」

・「いいっすねぇ~」(7~7.5点)

・「ヤバイっす」(8~8.5点)

・「ただただ輝いてて、かっけえ~!」

()内の数字はネット上で話題になったポイントの1つです^^

 

実際解説を見ていて感じたのは、
親しみやすい言葉と全体的に重要な場面では落ち着いた言葉で解説をされており、
とても好感が持てる内容だったのではないでしょうか。

特に初めて見る方が多かったので、普段からそういうことを意識しているのではないかと言語化できる素晴らしい力を持った方だと思いますね。

スポンサードリンク

瀬尻稜はTwitterやってる?インスタは?

Twitterアカウントは恐らくこちらだと思われます!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ryosejiri(@ryosejiri)がシェアした投稿

スケートボードに新たな歴史

堀米選手の金メダルに加えて、NHKと真逆なタイプである瀬尻稜さんの若者言葉という、
正直な気持ちを心込めて伝える姿に非常に感銘を受けた方も多かったと思います。

初めて採用された競技ということ、または東京の猛暑の中での戦いは非常に過酷だったと思いますが、瀬尻稜さんの出場選手を一人ずつ称える、決してネガティブなことは言わずに、選手の良さをしっかりと伝えてくれたことでより注目される競技への第一歩になったのではないでしょうか。

歴史を作った堀米雄斗選手も素晴らしかった!!!

分かりにくい競技の説明、見方を教えてくれた瀬尻稜さんに拍手を送りたいと思います!