沖縄

沖縄の観光名所をランキングしてみました!本島編

どこへ行こうか迷ったときは

旅行の行き先を考えているそこのあなた・・ ワクワクしていますか?
今、どんな気分で調べていますか?

旅行を計画しているときのあのワクワク感、何度やってもいいですよね。


ノープラン旅行もそれはそれで面白いのですが、様々な都合で、  

・数年に1回しか旅行ができない方

・大切な方との記念旅行

・新しい発見や刺激を求めている方     など、

 

貴重な旅行を1日たりとも無駄にしたくない!という方も多いはず。

そんな時は、【沖縄旅行】をオススメいたします。

 

沖縄観光で絶対に外せない名所をランキング化しましたので、

是非、参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

「癒やされたい」と体が訴えていませんか?

時間に追われた生活、ストレスがかかる通勤、疲れはたまる一方・・・

そんな時こそ「ゆっくりのんびり過ごしたーい!」気分になりますよね。

私は沖縄出身で上京5年目になりますが、電車に乗っていてものすごく違和感を感じます。それは通勤している人の【表情】です。  

 

・イライラしている人
・不機嫌そうな人
・ため息ばかりのどんよりした空気

 

今日も1日頑張るぞ!と気合を入れたい朝にも関わらず、
こんな状態じゃストレスは溜まる一方じゃないですか?

 

沖縄には電車がありません。 モノレールはありますが、大都市の満員電車のような混雑にはなりません。 車社会ということもあり、みなさんそれぞれのパーソナルスペースを保っているわけですが、ストレスのかかり方が全く違うんですよね。

 

特に東京の中心部や東京寄りの埼玉などは自然がそう多くなく、
都市部を離れて自然に触れるとなると車で数時間の移動はざら・・ですよね。
現実はなかなか癒される場所が少ない。

 

よく関東圏の方に言われる言葉があります。

 

「沖縄って最高だよね!また行きたーい!」
「沖縄の観光名所に行ってみたいんだよね!」
「本島もいいけど離島も魅力的だよなー。」  

 

私はこの言葉をいただくことがとても嬉しいのですが、
ほんの少し寂しい気持ちになることもあります。

 

キレイな海を見ると、理由もなく身体が喜ぶじゃないですか。
人間が本来持っている欲求自然と共存を本能的に感じられていないからこそ
そういう風に感じる方が多いのかな?と。

 

そこで私は
ぜひともあなたの旅行の行き先に【沖縄】を追加していただきたいと思います。

スポンサードリンク

沖縄観光ランキング5選(本島)

正直、選びきれないほど悩みました(笑)

沖縄旅行へ行く時期ですが、オススメするのはやはりです!
懸念される台風ですが、こればかりは運もあるので仕方ないと思います。

あの透き通った空気、空、海を最大限に感じられる夏を是非とも感じていただきたい。

その中でも絞りに絞った5選を紹介したいと思います。

第1位 美ら海水族館(本部町)

大定番の美ら海水族館ですが、
ここはお子さんのいる家族・カップルも含めて 全ての人にお勧めしたい場所です。

天気に左右されず楽しめる場所で、巨大な水槽「黒潮の海」は世界最大級。


迫力ある光景に思わずシャッターを押すこと間違いなし!!

 

海洋博公園内にある美ら海水族館ですが、
海と隣接しており、伊江島タッチューも見えます。
チケットは県内ファミリーマート等で購入可能な前売り券がオススメ!



お昼時間帯は込み合うので、時間に余裕をもって朝か夕方に行くのがベストです。 

第2位 おきなわワールド(南城市)

ここは沖縄に来たら一度は行っていただきたい場所。

おきなわワールドをお勧めする理由は、【体験メニュー】の豊富さなんです!

・紅型
・琉球ガラス
・藍染め
・琉装の着付け
・幸運の白蛇との記念撮影 など、


多くの体験メニューがあるのできっと満足していただけると思います。

あの勇壮なエイサーを間近で見られるので、心揺さぶられること間違いなしです!   

第3位 青の洞窟(恩納村)

ここでやってきました、ダイビングといえばまず青の洞窟です!

清潔な機材がレンタル無料、有資格者のインストラクターが在籍しているなど 設備が充実しているので初心者にも優しく、安心して楽しめるでしょう。


女性は特に気になると思うのですが、専用のパウダールームも管理されているので 海で思いっきり楽しんだ後、次の観光地へ行く前にお化粧もこれでばっちり!


運営しているアイランド倶楽部は、

【ツアー終了後の海の余韻を感じる時間も大切にしている】

というなんて嬉しいお心遣い。



スノーケル・ダイビング・カヤックが楽しめる青の洞窟で神秘的な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。   

第4位 美浜アメリカンヴィレッジ(北谷町)

ここは本当に日本?沖縄?と感じてしまう雰囲気の美浜アメリカンヴィレッジは
夕日が沈むサンセットビーチ、沖縄唯一の観覧車、様々な人種が溢れる異国情緒溢れた街並みです。



グルメ、ショッピング、ライブなど、視覚から入ってくる情報が多すぎるので、
時間に余裕をもってゆっくり回ることをお勧めいたします(笑)



・かなり独創的なデザインのデポアイランド、
・雑貨やレストランがあるアメリカン・デポ、
・カジュアルなファッションならアメリカン・ヴィレッジ。

 

夕方になるとサンセットビーチでインスタ映えする夕陽をみることができますよ!    

第5位 キングタコス(県内各地)

最後になりますが、やはりここは1つ食べ物関連を入れておきたいところ。
沖縄のジャンクフードの定番・キングタコスのタコス・タコライスです!

タコスはメキシコ料理を代表する国民食ですが、沖縄で知らない人はいないというほど大人気。

私も学生時代たくさんお世話になりましたし、今でも帰省時には必ず食べる一品です!

タコライスのみで注文すると、ご飯の上にひき肉のみがのった形になるので、
おすすめは全て込みこみの「タコライスチーズ野菜」

付属されているソースが何とも言えない味わいを出してくれます。

また、お持ち帰りの際は容器から溢れ出てきそうなほどの量が入っているので、車で移動中に食べたりしないように気を付けてください。 かなりの確率で汚します(笑)   

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

なんだかワクワクしてきませんか?(笑)

 

沖縄旅行は日頃溜まったストレスを解消し、
頭がクリアになることで新しい発想が浮かぶことも。

 

暖かい人に囲まれた温かい島は、あなたにとってかけがえのない時間を与えてくれることでしょう。

 

そんな素晴らしい1日を過ごすためにも、
入念に計画を立てることをお勧めいたします(笑)

 

沖縄観光は車での移動がメインとなりますので、
運転しやすいレンタカーを前もって調べておくとより良い旅行になると思います。

 

是非、沖縄を思う存分満喫してくださいね!