トレンド

杉山勝彦の経歴は?作曲家として乃木坂46や日向坂46へ楽曲提供!

杉山勝彦 経歴 作曲家

杉山勝彦さんと聞いて、すぐぱっと浮かんだ方は大の坂道ファンといったところでしょうか^^

作曲家として活躍されている杉山勝彦さんは、乃木坂46や日向坂46に楽曲提供をしているので、すでにご存じの方もいるかと思います。

そんな杉山勝彦さんは、2021年12月31日をもって乃木坂46を卒業する
生田絵梨花さんがセンターを務めるラストソングの作曲を担当しています。

 

坂道ファンに愛され、これまで数々の名曲を世に送り出してきた
杉山勝彦さんの経歴を紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

杉山勝彦の経歴は?

名前: 杉山 勝彦(すぎやま かつひこ)

生年月日:1982年1月19日 39歳(2021年11月現在)

出身: 埼玉県入間市

学歴: 入間市立扇小学校→聖望学園中学→

    聖望学園高校→早稲田大学理工学部建築学科(中退)

職種: 作詞、作曲、編曲家

作家デビュー: 嵐「冬を抱きしめて」(共作詞・作曲)

 

大学は名門早稲田に進むものの、
音楽の道を諦められず、中退して自分のやりたいことへと進んだ杉山さん。

それで数多くの実績をお出しになられているのですから・・・
相当努力されてきた方なんだと思います。

 

スポンサードリンク

杉山勝彦はどんな人?

ラッツ&スターの佐藤善雄にスカウトされ、音楽の道へ。

 

2007年にソニーミュージックの専属作曲家となり

2010年に倖田來未の「好きで、好きで、好きで」(作曲)が紅白で歌唱されました。

 

2015年に乃木坂46の「君の名は希望」(作詞・共編曲)、

2016年に同グループの「サヨナラの意味」(作曲)が紅白にて歌唱されます。

 

2017年には、家入レオ「ずっと、ふたりで」(作詞・作曲・共編曲)にて
【第59回輝く!日本レコード大賞】の【作曲賞】を受賞。

 

代表作は、

家入レオ
「ずっと、ふたり」「もし君を許せたら」

 

私立恵比寿中学
「仮契約のシンデレラ」「禁断のカルマ」「まっすぐ」

 

中島美嘉
「一番綺麗な私を」「Dear」「明日世界が終わるなら」

 

倖田來未
「好きで、好きで、好きで」

 

など、数多くの作品を手掛けてきた素晴らしい作家さんなんですよね(^^♪

杉山勝彦と乃木坂46の関係は?

坂道グループの中でも圧倒的に楽曲提供をしているのが乃木坂46ですね!

しかもすべてが名曲なんです・・・
結成当初からの曲から卒業にかけて、様々な場面で杉山さんの楽曲にその時々の想いが込められています。

 

乃木坂46生田絵梨花の卒業曲「最後のTight Hug」

杉山勝彦さんが手がけた「最後のTight Hug」ですが、
シングル作品ではなく、ベストアルバムのリード曲として生田絵梨花さんがセンターを務めます。

生田さんのラストソングに相応しい組み合わせ!!!

とファンも大喜びの1曲ですが、何より中身が最高なんです・・・。

早くミュージックビデオが見たい方も多いですよね・・・(^^;

 

杉山勝彦が携わった乃木坂46の曲一覧

楽曲を並べてみました!

  1. 「制服のマネキン」(作曲)
  2. 「君の名は希望」(作曲・共編曲)(編曲は有木竜郎と共作)
  3. 「サイコキネシスの可能性」(共作曲)(小倉しんこうと共作)
  4. 「私のために 誰かのために」(作曲・共編曲)(編曲は有木竜郎と共作)
  5. 「僕がいる場所」(作曲・共編曲)(編曲は有木竜郎と共作)
  6. 「ひとりよがり」(作曲・共編曲)(編曲は有木竜郎と共作)
  7. 「羽根の記憶」(作曲・共編曲)(編曲は有木竜郎と共作)
  8. 「きっかけ」(作曲・共編曲)(編曲は有木竜郎と共作)
  9. 「サヨナラの意味」(作曲)
  10. 「硬い殻のように抱きしめたい」(作曲・共編曲)(編曲は三谷秀甫、谷地学と共作)
  11. 「ありがちな恋愛」(作曲)
  12. 「もし君がいなければ」(作曲・共編曲)(編曲は有木竜郎と共作)
  13. 「4番目の光」(作曲・共編曲)(編曲は谷地学と共作)
  14. 「路面電車の街」(作曲・共編曲)(編曲は谷地学と共作)
  15. 「時々 思い出してください」(作曲・共編曲)(編曲は谷地学と共作)
  16. 「図書室の君へ」(作曲)
  17. 「僕の思い込み」(作曲・共編曲)(編曲は野中”まさ”雄一と共作)
  18. 「僕は僕を好きになる」(作曲・共編曲)(編曲は石原剛志と共作)
  19. 「ごめんねFingers crossed」(共作曲)(APAZZIと共作)
  20. 「最後のTight Hug」(作曲・共編曲)(編曲は谷地学と共作)

 

全てが名曲!!!素晴らしいです。

 

橋本奈々未さんの卒業シーンが目に浮かびます・・・(≧▽≦)

 

スポンサードリンク

杉山勝彦と日向坂46の関係は?

乃木坂に比べたら曲数は少ないものの、
日向坂46のカップリング曲の中でも普段のハッピーオーラ満開の曲とは違った良さがあるんですよね^^

ライブで見せてくれた「膨大な夢に押し潰されて」は
ダンスやセンターの加藤史帆の表現力が素晴らしく、非常に見応えのあるナンバーです。

 

杉山勝彦が携わった日向坂46の曲一覧

 

  1. 「沈黙した恋人よ」(作曲・共編曲)(編曲は三谷秀甫・谷地学と共作)
  2. 「どうして雨だと言ったんだろう?」(作曲・共編曲)(編曲は石原剛志・有木竜郎と共作)
  3. 「膨大な夢に押し潰されて」(共作曲・共編曲)(Soma Gendaと共作)

 

※①の「沈黙した恋人よ」はけやき坂46(ひらがなけやき)時代に発売された曲です。

 

杉山勝彦を知るファンは?

 

ファンからも絶賛の嵐!!!!

 

杉山勝彦の作品に大注目

杉山さんの曲は1曲のエモーショナルな感じが非常に濃く出るので、
曲の印象が残りやすいのが特徴です。

アイドル界にとって、「卒業」はどうしても避けられないモノではありますが、
その卒業の意味をより鮮明に色濃く残すことができる作品が今後も多く世の中に出ていくことでしょう。

今回記事を書くにあたり、ファンの皆さんが杉山勝彦さんのことを本当に
よく知っているなと改めて感銘を受けました。

 

曲とメンバーのケミストリーは、今後も留まることを知らないはず。

乃木坂46や日向坂46を陰から支えてくれる杉山勝彦さんに、
心から盛大な拍手をお送りしたいと思います。

 

杉山さん!素敵な楽曲をありがとう(^^♪

 

>> いくちゃんセンター「最後のTight Hug」フォーメーション決定!