オリンピック

後藤希友の経歴や最高球速は?女子ソフトボール界から第2の上野へ!

後藤希友(ごとうみう) 経歴 最高球速 第2の上野

 

ついに東京オリンピックが開幕!先行開催された女子ソフトボール熱戦が続いています!

世界ランキング2位の実績とともに、最大のライバルアメリカ(1位)や
カナダ(3位)との対戦を控えている中、日本にとても頼もしく素晴らしい選手が登場しました!!

名前は、後藤希友(ごとうみう)選手。

今回は、
【後藤希友の経歴や最高球速は?女子ソフトボール界から第2の上野へ!】と題して、
日本女子ソフトボール界期待の若手を調査したいと思います!

 

スポンサードリンク

後藤希友(ごとうみう)の経歴とは?

名前: 後藤希友(ごとう みう)

出身地: 愛知県

生年月日: 2001年3月2日 20歳(2021年7月時点)

身長: 173㎝

体重: 非公開

高校: (愛知)東海学園高校

所属: トヨタ自動車

実績: 2020年日本リーグ新人賞岐

憧れの選手: 上野由岐子

ミライモンスターにも出演経験がある後藤希友選手は、
見事日本代表に入り、大活躍するという期待通りのプレー見せてくれました!!!

ミライモンスターを拝見してからすでに4年も経過していることに驚きですが、
飛び級でU-19代表にも選出されるなど非常に期待の高かった選手です。

そんなプレッシャーをはねのけ、ここまで成長している後藤希友選手をみると大変感慨深いものがあります・・・。

スポンサードリンク

後藤希友(ごとうみう)の最高球速は?

予選第2戦で見せた強気のピッチングは圧巻の投球!
20歳という若さを感じない堂々とした素晴らしいショータイムでしたね!!!

実は所属しているトヨタ自動車には、これまで日本と数々の死闘を繰り返してきた
同じサウスポーのアメリカ代表のエース、モニカ・アポット選手がいます。

北京オリンピックの時からアメリカの2大看板として第一線で活躍してきた彼女から学ぶことが非常に多いようで、試合では彼女からのアド橋鵜を忠実に守り、実現できるところが後藤希友選手のとても素晴らしいところです。

最高球速は115km。

上野投手が最速121㎞、アポット投手が120㎞と実績ある師匠が周りにいる点も非常に大きいところ。

世界を代表するエースが身近にいることで得るものも多く、後藤希友選手に対する期待も大きいので、偉大なるエースからたくさんの助言やアドバイスをいただいている様子。

まだまだ伸び盛りの後藤希友選手がどこまで球速を伸ばせるか、非常に楽しみですね!

後藤希友(ごとうみう)の投げっぷりはどう?

スポンサードリンク

今大会の飛躍で第2の上野誕生となるか!?

会話をするのも緊張するというほど、偉大な師匠・上野由岐子。

数々の記録と名場面を生み出してきた、日本女子ソフトボール界が誇るレジェンドです!

 

今後間違いなく日本を牽引していくであろうイズムを、後藤希友選手がどう感じとるのか、
いや、間違いなく吸収して日本を代表するエースへと進化していく姿しか想像できませんね^^

長い手足を活かした投球は今の日本に必要な勢いをもたらしてくれるはずです!!

 

1試合目はオーストラリア(8位)に8-1でコールド勝ち、
2試合目はメキシコに延長戦にもつれるもサヨナラ勝ちした女子ソフトボール日本代表。

2試合連続先発の上野由岐子に疲れが見え始め、交代で出場したのが後藤希友選手。
堂々たるピッチングで相手チームへ脅威を与える、そんなインパクトを残しました!!!

13年ぶり(3大会ぶり)に復活したソフトボールには日本に期待も大きく、
前回大会では2008年北京オリンピックで日本は金メダルを獲得したことが記憶に新しいことと思います。

金メダルへ!日本が盛り上がるために必要な後藤希友選手へ、
今後も熱いエールを送り続けたいと思います!頑張れ!NIPPON!!!!!!