テレビ

動物彫刻家はしもとみおさんの経歴は?表現するのは動物の命!情熱大陸

 

毎週日曜日23:15~放送のTBS1「情熱大陸」!

2021年5月2日の放送では、動物彫刻家のはしもとみおさんが登場!!

 

「動物彫刻家はしもとみおさんの経歴は?動物の命について!情熱大陸」と題して、
はしもとみおさんのこれまでを振り返ってみたいと思います!!

 

早速、いってみましょう!

スポンサードリンク

はしもとみおさんのこれまでの経歴は?

1980年、兵庫県で生まれ、どうぶつアートに偏った青年期を過ごす。

兄とバイオリンを習っており、音楽が好きで絵よりも音楽にのめりこんでいた。

元々は獣医師を目指していたが、阪神淡路大震災を機に将来の夢を芸術家へ変更。

動物を「真の意味」で救えるのは、人の心を動かすことだと考えこむ。

大地震に負けず、自宅の木に揺れていたミノムシを発見し、その生命力に感動!

その思いを胸に「生」をテーマに動物の肖像彫刻を制作するほか、イラストや絵本製作も手掛けている。

現在は、彫刻・木彫り・展覧会など様々な活動を通し、
「たくさんの人に知ってもらいたい命。」それを届ける仕事を続けていく、と
全国を飛び回っている。

 

大震災の直後、途方に暮れていた中で感じたミノムシへの想い。
なかなかあの状況でそう思える人はほんの一握りだと思います。

その感性がすでにアートの始まりだったのかもしれません。

スポンサードリンク

動物の命を表現する

はしもとみおさんがつくりたいのは、芸術作品ではなく、
たったひとりの、目の前に生きている、生きていた、いきものそのもの。

儚い命、美しい命、ありのまま肖像を表現したい、そんな思いで彫刻に向き合っている。

生きている動物たちに感謝の気持ちを込めて、
毎日、動物と向き合いながら、ずっと彫刻を続けていくことを生涯の目標としている。

 

ファンは、はしもとみおさんのことをどう思っている?

 

スポンサードリンク

まとめ

 

たくさんのファンに応援されているみおさん。

Twitterでも放送を心待ちにしている方が非常に多い印象を受けました!

彫刻に真剣に向き合うからこそ、応援したくなる!ファンが多いのではないでしょうか。

動物の命を表現する、日本でも数少ない、稀有な存在ですので、今後も自分の信じた道を進んでいってほしいものです。